Klipsch KLF-20の中古データベース ヤフオク人気と音質・価格情報

Klipsch KLF20ホーンスピーカー・Yahooオークション落札価格情報・中古オーディオの人気と音質レビューデータ記事・アイコン スピーカー・大型

日本への正式輸入がされなかったKlipsch KLF-20のYahooオークション落札価格情報。Klipschは長い歴史を誇るオーディオブランドでありながら代理店選びは失敗し続け、我が国では人気がありません。

※本記事には「AD」「広告」と注記した
アフィリエイトリンクがございます

失敗しないKlipsch KLF-20の中古選び
疑問にこたえる8つのデータ

  1. 落札情報・3つのポイント
  2. 過去のオークション相場とリアルタイム出品情報
  3. オーディオ販売店の中古価格
  4. くわしい入札/落札情報
  5. コンディションから要注意ポイント解説
  6. 製造メーカーからみた仕様
  7. オーディオ雑誌と評論家の紹介記事
  8. 中古を買うメリットとデメリット

01
3つのヤフオク落札履歴
価格・人気・コンディション

オーディオスピーカーの中古として平均的といえる状態。
正規輸入されていないため、本件が価格の指標といえます。

Klipsch(クリプシュ) LEGEND SERIES KLF20 フロ... - Yahoo!オークション
アメリカKlipsch(クリプシュ)社製の大型フロアスピーカー、KLF-20になります。現在も使用中のため1枚目のような写真を掲載させていただきましたが、出品は「スピーカー本体(左右1セット)」「専用サランネット」のみの出品となります。スピ...

落札価格(JPY):117,000

人気      :★☆☆

コンディション :

02
ヤフオク落札相場データベース
過去の落札履歴とリアルタイム出品検索

※過去3ヶ月間にオークションでの落札がない場合、履歴は表示されません。
※現時点で出品がなされていない場合、検索結果は表示されません。

Yahooオークションの落札履歴はシステム上の理由から最大2年で抹消されます
当サイトでは消える前にデータを保管し、著作権上問題のないものを掲載しております。

03
オーディオショップの中古価格

Klipsch KLF20は日本に正式輸入されておりません。
個人輸入のみのモデルにつき、オーディオショップにおける中古価格のデータはありません。

04
くわしい入札・落札履歴
ウォッチリスト/出品者情報

Klipsch(クリプシュ) LEGEND SERIES KLF20 フロ... - Yahoo!オークション
アメリカKlipsch(クリプシュ)社製の大型フロアスピーカー、KLF-20になります。現在も使用中のため1枚目のような写真を掲載させていただきましたが、出品は「スピーカー本体(左右1セット)」「専用サランネット」のみの出品となります。スピ...
  • 落札価格:¥117,000(JPY・税別)
  • 人気(ウォッチ数):★☆☆(28人)
  • コンディション :★★☆(Average)
  • 詳細な出品/落札情報
  • ヤフオク出品時の商品タイトル
    • Klipsch(クリプシュ) LEGEND SERIES KLF20 フロアスピーカー【引取限定】【近郊はお届け可】
  • 出品者
  • 出品地域
    • 神奈川県
  • 入札・落札情報
    • 入札件数:1件
    • 開始価格 117,000 円(税 0 円)
    • 開始日時 2023.12.29(金)09:25
    • 終了日時 2024.01.04(木)21:10
    • オークションID u1117852607
  • 中古で購入して短期間使用(一週間程度)
  • 2番目のオーナーによる出品
    • 最初のオーナーはDYNAMICAUDIO(東京)にて購入
  • 並行輸入品(正規輸入されていない)

05
よくある故障・不具合
コンディションにみる確認ポイントと注意点

コンディション判定『★★☆(Average)』、状態はかなり良く注意するべきは裏面に若干の汚れがある程度。

中古コンディションの解説(キズ、故障など)

出品物の傷・不具合(右・Right)
Klipsch KLF20ホーンスピーカー・中古オーディオのコンディション情報・商品の状態・傷・汚れ・入札/落札時の注意点画像・故障や不具合の解説
  • シリアルNo:KLF20MH98200015
  • 色:マホガニー

(Good)

  • 動作確認済み(購入後6時間程度鳴らしただけ)
  • 輸入された後、二人目のオーナーによる出品
  • スピーカーユニットに傷・汚れなし
  • 保護ネットに傷なし

(Bad)

  • ジャンパーバーなし
  • 背面に若干の汚れあり
出品物の傷・不具合(左・Left)
Klipsch KLF20ホーンスピーカー・中古オーディオのコンディション情報・商品の状態・傷・汚れ・入札/落札時の注意点画像・故障や不具合の解説L
  • シリアルNo:KLF20MH98200015
  • 色:マホガニー

(Good)

  • 輸入された後、二人目のオーナーによる出品
  • スピーカーユニットに傷・汚れなし
  • 保護ネットに傷なし

(Bad)

  • ジャンパーバーなし
  • 背面に若干の汚れあり

「買ってはいけない」中古の特徴と注意したいポイント

Klipsch KLF20は製造仕様や経年劣化に関する情報がなく、このモデル特有の不具合ポイントを指摘することができません。

海外のオーディオフォーラムで報告されている事例として
「初期型(シングルワイヤ仕様)にはスパイクの製造仕様に初期不良があり、がたつきが生じるものがある」というもの。
その他は中古スピーカーとしては一般的な注意事項となります。

  • スピーカーユニットの傷・汚れ
  • キャビネットの傷・汚れ
  • バイワイヤ仕様(中後期)はジャンパーバーの紛失に注意

この3点しか申し上げられない。
なおeBayには本モデルの出品が豊富であるため、いくつかの個体をチェックしておりますが、さほど凝った仕上げでない代わりに傷もつきにくいようです。

またホーンドライバーのダイヤフラムが故障する事例もほぼない模様、頑丈であると推察されます。

KLIPSCH KLF20 中古価格 | HifiZero

06
Klipsch KLF-20 の仕様
製造メーカーからみた技術と品質

Klipschの伝統としてホームシアター用途前提の大型スピーカーです。
また他社との大きな違いは1990年代でも珍しかった高能率。100dBはピュアオーディオとしても大きなメリットです。

メーカー・発売年次と定価

  • メーカー:Klipsch
  • モデル名・型番:KLF-20
  • 発売年次:1996年
  • 定価:¥(1,500/ペア・JPY)

主要スペックと音質技術の特長・製造メーカーの眼で見た音質技術

  • 主要スペック
    1. 形式
    2. :3ウェイフロア型スピーカー・バスレフ型(背面ポートタイプ)
    3. 再生周波数帯域:34 hz – 20 kHz +3dB
    4. 高域:「K-79」ホーンツィーター(ダイヤフラム径:1インチ)
    5. 中域:「K-52」ホーンドライバー(ダイヤフラム径:1.5インチ)
      • 90° x60° Tractrix® horn
    6. 低域:「K-1036」ウーファー(口径:10インチ・25.4cm)
    7. クロスオーバー周波数:750Hz/7Hz
    8. 耐入力:
    9. 200 wats(MAX・連続 ピーク800W)
    10. 能率:100 dBdB/W/m(Ω)
    11. 大きさ:H:1040mm/W:305mm/D:410mm
    12. 重さ:39.24Kg(/本)
    13. 仕上げは4種類
      • ライトオーク/ミディアムオーク/ブラックサテン/マホガニー
  • 音質技術の注目ポイント
    1. 中高域をホーンドライバー仕様とし、ダイレクトラジエーター(コーン型)にはない反応のよさを狙った。
      • コンプレッションドライバーであるにもかかわらず、高域は20Khzまで対応
    2. 高能率(100dB)
    3. 別売のKLF-C7と組み合わせることで5.1chのマルチチャンネルDolbyサラウンドに対応することができた。
http://images.klipsch.com/Brochure_961200-2_Legend_635363585318606000.pdf http://images.klipsch.com/Brochure_971100_Legend_635164772957368000.pdf
Klipsch Legend Series KLF-20 Speaker Manuals
Klipsch Legend Series KLF-20 Speaker Pdf User Manuals. View online or download Klipsch Legend Series KLF-20 Speaker Owne...

07
Klipsch KLF-20の音質
オーディオ雑誌と評論家の試聴レビュー

Klipsch KLF-20は日本への正式輸入がなされていなかったため、日本のオーディオ雑誌や評論家による音質レビューはありません。

Klipschというオーディオメーカーが日本での市場開拓に失敗し続けているため。
ごく最近ではONKYOを代理店として再上陸を図っていますが、オンキョーの倒産とともに失敗。
音質の良し悪しではなく、代理店選びを間違え続けているメーカーです。

付け加えますと、1996年当時アメリカで1,500ドルのスピーカーはハイエンドとはいえないがらもそれなりの高級品と思われており、現在も現地のオーディオフォーラムでは音質と中古価格についての議論をみることができます。

08
中古のメリット・デメリット
最新オーディオとの比較

メリットは常識はずれの高能率。
100dBというスペックは500hz〜1Khzの平均値であるため、現実には100dBを超えています。

Klipsch KLF20はクオリティは高いが駆動力はない、というアンプ(代表例は真空管アンプ)でもダイナミックに鳴らせるスピーカーです。

デメリットは2つ。
1番目は並行輸入品しかないこと。
ただしこれは詳細に中古の状態を見極めることで良品を確保できます。

2番目は、これが一番重要ですが、買い替えの際買取価格は期待できないということ。
日本市場においてKlipschはピュアオーディオのメーカーとみなされていません。下取りを断るオーディオ専門店もあります。
しかしメリットにもなり得る、程度の良い中古を見つけることができしかもその音が気に入ったならば、現在似たものがないスピーカーとの得難い出会いとなります。

日本ではいまひとつ人気のないKlipschですがそれだけに安く、高音質の中古を確保することができる。
音質はなかなかのもの。
全体的に見ておすすめの中古でありオーディオブランドといえます。

タイトルとURLをコピーしました