"concentra"

Jeff Rowland Concentraの中古価格とレビューまとめ

Jeff Rowland Concentraの中古情報 2023年のオークション・中古オーディオショップ価格まとめ ➡︎ メーカー別一覧(サイトトップ)にもどる
プリメインアンプ

Jeff Rowland Concentra ¥280,000・ヤフオク人気・価格相場情報

Jeff Rowland初代Concentraヤフオク落札価格情報です、状態は標準的。 ジュラルミンパネルの美観がいかに人気を左右するかを感じさせる個体です。 シリアルNoは不明ながら、背面の状況から初期ロット品であることはわかります。ただしフロントパネルの擦り傷が大きなマイナス要因。ウォッチリストの少なさをみても多くがチェックしていることがわかる。これが評価です。 Jeff Rowlandのジュラルミンは柔らかく、とにかく傷つきやすい。パワーアンプと異なり操作部がフロントパネルにあるConcentraは特に傷あり個体が多く出品でまず最初に確認されるポイントです。 発売当時、雑誌向けに貸し出された試聴機器もすぐに傷がつき、やむなくそのままプレス画像が撮られたほどです。それだけにそのつくり、特に問題となるフロントパネルの仕上げは工芸品的と言われたモデル。 前期・後期の音質違いやフォノイコライザーの有無が査定の基準となるConcentraですが、中古の結論は『フロントパネルの傷』 これが一番のポイントとなります、たとえYahooオークションの注目度No1の場合でも入札すべきでない。国産プリメインとは異なり修理でパネルを交換できるような仕様ではありません。 現実にパネルの傷有無はウォッチリストの数、そして入札に顕著な差が現れます。 少々濃いめで人を選びますが、このプリメインアンプはオブジェ(Sculpture)としての価値も訴求しているからです。
プリメインアンプ

Jeff Rowland Concentra ¥334,000・ヤフオク人気・価格相場情報

Jeff RowlandのプリメインアンプConcentraのヤフオク落札価格情報。評価を決定づけた初代モデルです。 日本の「国産の名機」とは全く異なる手法で贅を尽くしたプリメインアンプであり、今やインテグレーテッドアンプは同社の主力商品。オークションでも常に高い人気と落札相場を維持しています。 デメリットはメンテナンスが高額であること。 また航空ジュラルミンは柔らかく、容易に傷がつく。試聴貸出機がすぐ傷ものになったため、雑誌メディアでも仕方なく傷あり画像を掲載したほどです。 過去の中古のチェックポイントであり落札時の評価点となります。相場検索は価格とともに外観の状態が大きく落札価格を左右します。 メリットは新世代のジェフロウランドの先駆けとなった音質。 ICとインプットトランスという組み合わせは日本の最高級プリメインアンプと全く異なるアプローチであり、制約を気にせず音質を追求できる稀なオーディオアンプとしてファンが多い。 なにより航空ジュラルミンを削り出した筐体は、それ自体がすでに作品とよべる存在感があります。
プリメインアンプ

Accuphase E-407 ¥243,300・ヤフオク人気・価格相場情報

Accuphase E-407のYahooオークション落札価格情報。同社プリメインには珍しく「不人気」モデルです。つまり中古では狙い目であります。結果として長期にわたった「400」シリーズはトップモデルではなくなり新たな「E530(2004年)」という更に高額かつA級増幅の新型アンプが登場。これが現在のE-800/E-5000に続くラインナップです。原因はデジタルアンプブーム、そしてSACD・マルチチャンネルブーム(つまり空間オーディオ)に惑わされたこと。メリットは、迷える時期ならではの「とにかくできることは全部やった設計」。 あまり知られていませんが、ヘッドフォンアンプまで新設計し全ての愛好家のニーズをカバーしようとした。音質は確かです、不人気だけに中古のコスパがよろしい。 なお本件自体はコンディション判定『★☆☆(Poor)』となります。 手荒に扱われてきた痕跡があり、致命的ではないもののいくつかの動作不具合。 メンテナンス必須です。