LUXMAN SQ-38FD MK2 ¥56,000・ヤフオク人気・価格相場情報

ヤフオク落札価格情報・LUXMAN SQ-38FDⅡ・中古オーディオの価格当時の仕様音質レビュー・アイコン POOR

ジャンクコンディションのLUXMAN SQ-38 MK2 Yahooオークション落札価格情報。メンテナンス可能かどうか怪しい状態です。

LUXMAN SQ-38FD MK2のオークション落札結果・人気・商品の状態

人気      :★★☆☆

コンディション :★★☆☆

落札価格(JPY):56,000

Yahooオークションのオーディオ出品情報(価格・入札履歴)

LUXMAN SQ38FD MK-II 真空管 プリメインアンプ ... - ヤフオク!
■□LUXMAN SQ38FD MK-II 真空管 プリメインアンプ SQ-38FD MKII ラックスマン□■016655001J□■商品説明■メーカー : LUXMAN■型番 : SQ38FD MK-II■外径寸法 : W476×H19...
『Yahooオークションの掲載期限は2年間』への対応

Yahooオークション履歴の掲載期限は落札から2年間
システム障害により価格履歴が抹消される案件もあります。

Yahoo auctionが掲載するURLの閲覧終了にそなえ、以下を実施しております。

  • 案件詳細は本記事内に記録(コンディション・人気・価格・落札履歴・レビュー)
  • その他の落札事例を日々追加・更新(左記リンクより落札事例を検索可)

LUXMAN SQ-38FD MK2・中古人気と、入札・落札履歴

出品URL(Yahoo オークション)LUXMAN SQ38FD MK-II 真空管 プリメインアンプ SQ-38FD MKII ラックスマン016655001J

落札価格:¥56,000(JPY)

  • 開始価格:1,000円(税込 – 円)

人気・入札ならびに落札履歴は以下となります。

ウォッチ件数:145人

  • 入札件数:42件
  • オークションID:l1104300974
  • 出品地域:福岡県 福岡市早良区
  • 入札履歴(以下リンク参照・ダウンロード可能)

落札日時:2023.09.04(月)21:42

  • 出品日時:2023.08.28(月)23:20

出品者情報(ID・名前・評価)

  • 出品者
    1. 出品者ID:tunagu5555
    2. 出品社名:ウエスト(Tunagu株式会社)
    3. URL:http://tunagu-inc.co.jp/
    4. 評価(良い):99.3 %(取引19,111件中・ 2023年 10月時点)

出品物コンディション・入札のチェックポイント(不具合など商品の状態)

以下よりコンディション判定『★☆☆(Poor)』となります。
電源は入るが、音が極端に小さく、しかも歪む。完全なジャンク品です。

内部が比較的きれいであることから、部品取り目的の入札が多かったと思われます。

画像・出品説明より確認できるオークションサイト情報・買取、入札時の注意点

※画像クリックで拡大表示可能

LUXMAN SQ-38FDⅡ・おすすめ中古オーディオの情報・商品の状態ランク・傷汚れ・コンディションランク・買取・落札時の確認・注意点
  • シリアルNo:不明

Good(オーディオ中古としてのメリット)

  • なし
  • アンプ内部は比較的きれい(確保できるパーツが多い可能性)
  • フロントパネルのスイッチ類

Bad(デメリット・動作不良・傷・経年劣化などの不具合)

  • 電源は入るが、音が極端に小さく、しかも歪む
  • キャビネットに傷・汚れ
  • スピーカー端子破損(1カ所)
  • 電源ケーブルなし

出品者に追加質問したい確認ポイント・ジャンク品/難あり出品で確認できる事項はパーツの状態

ジャンク品/難あり出品の場合、質問できる事項はわずかです。出品者は手間をかけたくないと思っています。

タバコ臭の有無など、良いパーツが取れ状態かどうかは確認したいもの。

  • シリアルNo
  • タバコ臭の有無、または禁煙環境にあったかどうか。
  • スピーカーターミナルは確実に締まるか(ゆるみ・ぐらつきはないか)
  • 背面入力端子のグラつき(ケーブルの大型化・極太化にともない破損の事例が多発している)

LUXMAN SQ-38FD MK2・中古の要注目ポイント(傷 汚れ 不具合 故障)・入手できない真空管、出力トランス、スイッチ類を重点的に確認する

中古のラックスマンSQ38FDⅡ(Mark2)は「真空管の状態」を確認することが大前提です。

SQ38/LX38シリーズの修理において出力管である「50CA10」「6RA8」の入手は困難を極めるため。この2種類はNECがテレビ用の真空管をラックスマンの要望にもとづいて三極管としたもの。
代替品はありません、一時期中国製の真空管で代替できるという噂がありましたが不可能でした。

出力管は無論のこと、そのたの真空管についてもラックスマン純正であること。真空管に刻印があります。
その上で、以下の項目を確認すること。

  • 真空管がオリジナルかどうか(NECの記載があるかどうか)
  • 電源スイッチ・トグルスイッチ・ボリューム類が曲がったりして壊れていないこと(代替がない・単なる接触不良は修理可能)

もし背面にサービス日時を記載したシールがあるならば大変に好都合。最低一回はラックスマンによるメンテナンスを経ていることを意味するからです。
真空管の次に貴重なトランスが温存されている可能性が高い。

50年近く前に製造された「電機製品」であることを前提にチェックするべきです。

LUXMAN SQ-38FD MK2・中古相場と価格動向(ショップとオークションサイト価格履歴の比較・検索)

メンテナンス済み品の中古価格は上昇し、ジャンク品の相場は下落しています。ともに良質な個体が少なくなっているため。

  • 外観傷あり・メンテナンス済み:¥240,000(JPY)前後 ※ショップでの流通
  • 外観傷あり・動作品・メンテナンスなし:¥150,000(JPY)前後
  • 外観傷あり・ジャンク品:¥60,000(JPY)前後 ※オークションでの流通

過去の中古価格とオークション落札相場(ヤフオク落札履歴)

LUXMAN SQ-38FD MK2の定価と仕様・スペック(新品時カタログ資料)

前作「SQ-38FD」において、耐久性に欠けるといわれた部分を改善したモデル。
カップリングコンデンサがオイルコンデンサーからフィルムコンデンサーに変更され、音質はややおとなしめになったといわれています。

  • メーカー:LUXMAN(ラックスマン)
  • モデル名・型番:LUXMAN SQ38FD Ⅱ(Mark2)
  • 発売年次:1974年
  • 定価:¥168,000(/台・JPY)
  • 主要スペック
    1. 大きさ:幅476x高さ190x奥行335mm
    2. 重さ:18Kg(/本)
    3. 出力:30W+30W(4Ω、8Ω、16Ω)
    4. 消費電力:250W
  • スペック上の注目ポイント
    1. 使用真空管
      • 出力段:50CA10x4本
      • ドライバー段:6DT8/6AQ8x2本
      • 6267×2本/12AX7x4本/DS16Ax4本/DS16Cx4本
    2. カップリングコンデンサーをフィルムタイプに変更(旧型はニチコン製オイルペーパーコンデンサーだったが故障が多かった)
    3. プリアンプ部には2段NF型イコライザーとLUX方式NF型のトーンコントロールを採用
    4. メインアンプ部の入力レベルセット機能
    5. 2系統のスピーカー出力(それぞれで出力インピーダンスの選択が可能)
  • 詳細情報リンク
LUXMAN SQ38FD/IIの仕様 ラックスマン

LUXMAN SQ-38FD MK2 発売時の音質レビュー・雑誌メディア、評論家の評価と人気ランキング

当時の評論家レビューや雑誌メディアの特集記事を保有しておりません。
別途入手の上追記予定です。

ご参考・『★☆(星)』ランキングの基準について

★(星)のランク付基準については以下の数値を元に設定しております

「ウォッチリスト」データを参考に・ヤフオクの落札金額は人気で決まる

Yahooオークションの出品状態についての表示説明・ウォッチリストを基準としたコンディションの星ランキングについて

ウォッチリストの登録人数を基準に設定。

  • ウオッチリスト登録が50人未満:★☆☆(人気がない)
  • ウオッチリスト登録が50人以上100人未満:★★☆(普通)
  • ウオッチリスト登録が100人以上:★★★(人気が高い)

画像判定を厳しく・オークション出品の評価点は「自己評価」

  • 傷多数・ジャンク・個人による修理メンテナンス:★☆☆
  • 傷少ない・動作に問題ない・使用感はある:★★☆
  • 新品同様・未開封デッドストック・業者による高額のメンテナンス:★★★

Yahooオークションの『商品の状態について』は厳密な規定がないため、ヤフオクの状態説明よりやや厳しめです。

LUXMAN SQ-38FD MK2・中古オーディオを買うメリットとデメリット・未メンテナンス・完動品は購入するべきか

上述の中古相場情報のうち、「外観傷あり・動作品・メンテナンスなし:¥150,000(JPY)前後」というものがあります。これは実用に耐えるのか。

結論をいえば、現在(2023年時点)で直近5年以内にメンテナンスがなされていないSQ-38FD MK2を購入してそのまま使うことは避けたほうが無難です。
メンテナンス前提として購入するならば大変に良いのですが。

SQ-38FD MK2最大のデメリットは50年前に作られた電機製品です、全てが老朽化しています。
こんにちの家電製品との最大の違いは、プリント基盤を使わない手配線など部品さえあれば修理できる構造であること。

これは音質とともにSQ-38FD MK2のメリットです。

タイトルとURLをコピーしました