DENON PMA-2000 IV ¥56,000・ヤフオク人気・価格相場情報

ヤフオク落札価格情報・DENON プリメインアンプ PMA-2000IV デノン・デンオン 68C7C-2・中古オーディオの価格当時の仕様音質レビュー・アイコン AVERAGE

DENON PMA-2000 IVのYahooオークション落札価格情報。シリーズ中抜群の完成度から人気が高い。

量産実績をもとに設計改善には6年をかけています、個体数が多いにもかかわらず中古相場は上昇しています。

DENON PMA-2000 IVのオークション結果

人気      :★★★

コンディション :★★☆

落札価格(JPY):¥56,000

Yahooオークションのオーディオ出品情報(人気・落札履歴・価格)

『Yahooオークションの掲載期限は2年間』への対応

Yahooオークション履歴の掲載期限は落札から2年間。システム障害により価格履歴が抹消される案件もあります。

掲載URLの閲覧終了にそなえ、以下を実施しております。

  • 案件詳細は本記事内に記録(コンディション・人気・価格・落札履歴・レビュー)
  • その他の落札事例を日々追加・更新(左記リンクより落札事例を検索可)
DENON プリメインアンプ PMA-2000IV デノン/デン... - ヤフオク!
※送料のお支払について、大切なお知らせが有りますので、最後までご確認いただきますよう、何卒、よろしくお願いいたします。※送料の支払について※当ストアの発送商品には全て送料がかかります。送料の支払いにつきましては、決済方法により異なりますので...

DENON PMA-2000 IV・中古の人気と、入札・落札履歴

出品URL(Yahoo オークション)DENON プリメインアンプ PMA-2000IV デノン・デンオン 68C7C-2

落札価格:¥56,000(JPY)

  • 開始価格:1,000 円(税込 – 円)

人気・入札ならびに落札履歴は以下となります。

ウォッチ件数:141人

  • 入札件数:56件
  • オークションID:v1079408081
  • 出品地域:東京都
  • 入札履歴(以下リンク参照・ダウンロード可能)

落札日時:2023.01.27(金)22:48

  • 出品日時:2023.01.22(日)22:11

出品者情報(ID・名前・評価)

  • 出品者
    1. 出品者ID:toomookaanaa
    2. 出品社名:リサマイ市場・本館(株式会社リサイクルマイスター)
    3. URL:https://recyclemeister.co.jp/
    4. 評価(良い): 99.2%(取引 140,509件中・ 2023年 4月時点)

出品物コンディションの確認ポイント・買取、入札時の注意点

以下よりコンディション判定『★★☆(Average)』となります。
なかなかに美品です。

出品物コンディションの詳細画像(出品物・傷・汚れ・不具合・故障)

DENON プリメインアンプ PMA-2000IV・おすすめ中古オーディオの情報・商品の状態ランク・傷汚れ・コンディションランク・買取・落札時の確認・注意点
  • シリアルNo:4051508237
  • 動作確認済み
  • ボリュームにガリなし
  • 天板に小さな傷とシミ
  • フロントパネルに小傷
  • 「R」ではないためリモコン仕様ではない

出品者に追加質問したい確認ポイント

  • タバコ臭の有無、または禁煙環境にあったかどうか。
  • スピーカーターミナルは確実に締まるか
  • 入力端子のグラつき

この個体については、改造の有無を心配する必要は低いと思われます。
また天板がきれいなためアンプの上に機材を積まれた状態で使われた可能性は低い。

DENON PMA-2000 IV・中古コンディションの要注目ポイント

『初代』『Ⅱ』『Ⅲ』ともにいえることですが

  • 放熱に配慮した使われ方がされてきたか(CDプレーヤーなど機材を積み上げて放熱を妨げていないか)
  • 改造はされていないか(天板にブチルを貼るなど)

この2点が中古のDENONプリメインアンプにとって一番の確認ポイントです。

なおアンプの設計自体は四代目となり、品質面でさらに細かく改良が加えられています。
本質的に堅実な内容をもっています。

DENON PMA-2000 IVの中古相場情報(ショップ価格と落札情報の比較・検索用)

相場は上昇気味、後継モデルの大幅な値上がりのせいです。ショップ・オークションサイトを問わず6.5万円前後。
美品は7万円を超えます。

『初代』『Ⅱ』『Ⅲ』の価格がほぼおちついているのとは好対照です。初代の登場から6年間を経て、設計面でほぼ完成したという良さも評価されています。

過去の中古価格とオークション落札相場(ヤフオク落札履歴)

上記は過去の取引情報、今の相場にもっとも影響大です。入札時の参考とされます。

  • 個体の製造年次
  • 中古としてのコンディション・状態
  • 販売・落札価格

この3点を比較しつつ相場・価格チェックにご活用ください。

DENON PMA-2000(初代)¥33,200・ヤフオク人気・価格相場情報
DENON 初代PMA-2000のYahooオークション落札価格情報。当時激戦の10万円クラスのSANSUI・ONKYOを完全に圧倒した物量投入モデル。大変な馬力を誇ります。 最大の懸念点は「熱」です。 駆動力のある、ほとんどパワーアンプといっていいプリメインアンプでありヤフオクの人気常連ですが、かなりA級領域に近い動作のようで発熱は多め。 「パワーアンプ並みの大型電源」 「UHC-MOSシングルプッシュプルによるシンプルな出力回路」 音質と引き換えではあるものの27年前(2023年時点)のアンプにとっては過酷な条件。 経年変化にとって大敵。外観やボリューム・セレクターのガリから判断・確認します。 なおPMA-2000は販売数が多くオークションサイトにも多数流通していますが、中古オーディオとしてのコンディションはさまざま ショップは状態重視、オークションは価格重視です。 傷、汚れ、故障、破損の情報を気にする場合、ショップ購入は一つの判断です。 逆に入札・落札では人気によらず自分の評価点をもたねばばなりません。 発熱がメリットでもある。UHC-MOSシングルプッシュプルを大電源で駆動するというコンセプトがもたらす発熱だからです。その音質は以降も他社では実現できていません。 前モデルとは全く異なる物量投入型の設計(S1シリーズにちかい) 当時アンプを選ぶといわれたB&Wの801を鳴らすという驚くべき性能は、4Ω出力は8Ωの2倍というリニアな特性に現れています。雑誌メディアそして評論家、特に長岡鉄男氏からはベストバイランキングの筆頭にして超のつくコスパと絶賛されていました。 シャーシや部品構成も20万円級とよんで差し支えなく、音質で優れているはずのSANSUI(AU-α607MR)・ONKYO(A927)は比較検討では太刀打ちできず完全に販売では負けていました。もし本モデルがなければサンスイも倒産しなかったかもしれません、 音質で市場を席巻したプリメインアンプです
DENON PMA-2000 Ⅱ¥42,700・ヤフオク人気・価格相場情報
DENON PMA-2000 ⅡのYahooオークション落札価格情報。「この価格でこれ以上のアップグレードができるのか」といわれた前作を上回り、驚くべきハイパフォーマンスとなりました。ヤフオクでも常に人気です。 DENON PMA-2000シリーズに共通して最大の問題は「熱」。買取や落札・入札の注意点と判断ポイントは①ボリューム・セレクターのガリ②スイッチON /OFFのショックノイズ これらは熱とともに接点部は酸化が進行するためノイズのあるものはオークションでは避けたい。 むろん傷、汚れ、破損といった中古情報も大切ですが、説明画像を見る限りこの個体はかなり美品です。  A級領域に近い動作。それゆえの発熱と代わりに得た駆動力です。 前作の大成功から更に販売数が増えており、個体数も多い。 ショップ・オークション問わず購入履歴は4.5万円から5万円という相場になります。 なお初代から設計も更に洗練され、オークション相場は上がっております。 雑誌メディア・評論家ともに一致して、「初代PMA-2000以上にコストパフォーマンスが高まった」といわれたモデル。 一例として高額パーツであるパワートランスはPMA-2000比でコアの積み厚を約20%、巻線断面積を約40%アップ 本モデル自体の販売数の多さ、そしてDENONのAVアンプの部品購買規模もベースにして高音質パーツを大量採用・変更したため他社は完全に追いつけなくなりました。 DENONはこの「PMA-2000 Ⅱ」とPMA-S10ⅱをもってプリメインアンプの人気を不動のものとしました。 比較ランキングでもつねにトップ。宣伝プロモーションだけでなく、音質もカテゴリにおける最上位となり他社高級プリメインアンプの開発を難しくしたほどのモデルです。
DENON PMA-2000III ¥58,000・ヤフオク人気・価格相場情報
DENON PMA-2000IIIのYahooオークション落札価格情報。天板に機材を積み上げた痕跡があり、これは大変マイナス。 理由は「熱」。オークションサイトにおける中古のオーディオアンプの重要なチェックポイントでもあります。 コンディション判定『★☆☆(Poor)』となります。 放熱がなされず内部劣化の進んだ可能性のある個体です。 人気があり中古相場も高いPMA-2000IIIで注意すべきポイントは2点。 「熱による内部劣化」そして「DENON特有の事例として改造の有無」もちろん中古情報の基本として傷、汚れ、動作の故障、破損はいうまでもありません。 本件では熱が心配です、PMA-2000IIIにかぎらずアンプの上に直に機材を積み上げることは放熱を妨げる。 設計面では「Ⅱ」から改善が図られた部分ですが本来の放熱効果を得られません. なお相場はショップ・オークションサイトを問わず、5万円台半ばから6万円程度。 個体数は多く、待てば良コンディションを入手可能です。充分な高音質。 設計面では細部まで丁寧に見直しがなされ、信号増幅の基準点となるグランド回路を見直しています。オーディオにおけるアースのチューンナップ、これはかなり高音質のアプローチです。 ただオーディオ評論家の記事はすくない、お買い得としてランキングのトップが定着し爆発的な人気を誇ったPMA-2000の「初代」「2」よりメディアアピールは落ち着いていた 「透明で見晴らしの良い音場は従来より洗練された」「迫力から質感の高さへより表現を深めた低音」 雑誌メディアや評論家からは「価格破壊すぎて比較にならない」といわれたモデルです。 初代以来歴代モデルのデメリットでもありメリットでもある要素は、発熱の元でもあるパワー。本当にパワフルです。そして初代以来4年を経て細部まで見直しがされた設計と音質。 登場から20年を経てなお定価の6割の中古価格にはそれだけの理由があります。PMA-2000シリーズは名機・名作という以上に超のつくコスパの良いシリーズです。

DENON PMA-2000 IVの定価とスペック(新品・リリース時点発表)

  • メーカー:DENON
  • モデル名・型番:PMA-2000 IV
  • 発売年次:2002年
  • 定価:¥120,000(/台・JPY)
  • 主要スペック
    1. 大きさ:幅434x高さ180x奥行478mm
    2. 重さ:23.5Kg(/本)
    3. 出力:80W+80W(8Ω)・160W+160W(4Ω)
    4. 消費電力:275W
  • スペック上の注目ポイント
    1. 評論家から20万円クラスと絶賛された『初代』『Ⅱ』『Ⅲ』をさらに細部から見直し。
    2. UHC(Ultra High Current)-MOSシングルプッシュプル
    3. 電源・シャーシの防振をさらに徹底(Precision Mechanical Ground構造
    4. Precision Signal Ground回路(アースまわりを見直した)
    5. プリアウト端子、パワーダイレクト入力端子を装備
  • 詳細情報リンク
PMA-2000IV | Denon
PMA-2000IV の製品詳細ページです。繊細さと力強さを両立するUHC-MOSシングルプッシュプル回路。新開発オーディオ用大容量ブロックコンデンサーを採用した強力なHIGH CURRENT DYNAMIC 電源回路。
DENON PMA-2000IVの仕様 デノン/デンオン
奥深き音がするアンプ - PMA-2000IVのレビュー | ジグソー | レビューメディア
以前、紹介したモチモノと一緒に購入したプリメインアンプ「デノン PMA-2000IV」です。この製品を買うまでには当然高い買い物ですから、色々と悩みました。最初は5.1chのほうにむしろ興味があり、プロジェクターとAVアンプのセットと、ピュ...

DENON PMA-2000 IVの「低音」・「初代」から「Ⅳ」までを数値で比較

オーディオアンプでは大きな電力を供給できる仕様ほど低音表現にゆとりが現れます。
電力効率の極めて高いデジタルアンプを除き、これは今でも変わりません。

そこで『初代』から『Ⅳ』まで低音再生に関連するスペック比較をしてみました。

 発売年 消費電力 重量
PMA-2000(初代) 1996年 250W 20Kg
PMA-2000 Ⅱ 1998年 250W 22Kg
PMA-2000II 2000年 275W 22Kg
PMA-2000 IV  2002年 275W 23.5Kg

「Ⅲ」に対して「Ⅳ」が重くなっているのは、「Ⅲ」の電源容量増(トランス等の容量増)にともない、ノイズ源となる振動対策を行った結果です。

結果として「Ⅳ」は駆動力が高く、それでいてSNや分解能が向上するという「低音表現にすぐれた」という評価を得ました。

DENON PMA-2000 IV・雑誌メディアによるレビュー・人気、メディア評論、音質評価

「Ⅳ」になると雑誌レビューや評論家は同価格帯の他社製品との比較をほとんどしなくなりました。
差がありすぎて企画が成立しないためです。単独レビューは以下のとおり。

  • SNが改善され音の粒立ちがはっきりしている
  • ポップスのパルシブな低音もキレ良く再生する。
  • しなやかだが躍動感のある音はクラスNo1
  • JBL S9800はオーケストラの強奏部をプリメインアンプらしからぬパワフルさで表現。

とレビュー・評価されていました。

ご参考・『★☆(星)』ランキングの基準について

★(星)のランク付基準については以下の数値を元に設定しております

「ウォッチリスト」データを参考に・ヤフオクの落札金額は人気で決まる

Yahooオークションの出品状態についての表示説明・ウォッチリストを基準としたコンディションの星ランキングについて

ウォッチリストの登録人数を基準に設定。

  • ウオッチリスト登録が50人未満:★☆☆(人気がない)
  • ウオッチリスト登録が50人以上100人未満:★★☆(普通)
  • ウオッチリスト登録が100人以上:★★★(人気が高い)

画像判定は厳しく・オークション出品の評価点はいわゆる「自己評価」

  • 傷多数・ジャンク・個人による修理メンテナンス:★☆☆
  • 傷少ない・動作に問題ない・使用感はある:★★☆
  • 新品同様・未開封デッドストック・業者による高額のメンテナンス:★★★

Yahooオークションの『商品の状態について』は厳密な規定がないため、ヤフオクの状態説明よりやや厳しめです。

DENON PMA-2000 IV・中古オーディオ購入のメリットとデメリット

デメリットは特にないプリメインアンプ、あえていうならば20年前の中古オーディオが定価の半値を超え始めているということ。

地味ながら一時期のサンスイ人気にならう気配がある、つまりは割高になりつつあることです。

メリットはオーディオアンプとしての完成度。大量に販売した人気モデルをコストを掛けて更に細部までアップグレードした。

現在DENONのPMA-2500NEが30万円近い現在、PMA-2000 IVを入手して使うことはごく自然な発想です。メンテナンスを施せば元の性能を取り戻せる(信頼性の高い設計)。

また強力なパワーアンプとして使うことができますから、セパレートアンプ、またはマルチチャンネルアンプとして好適です。これだけの内容を新規にそろえることは現行品では容易ではない。

ひとつだけご注意を、AVアンプ用として3台ないし4台の使用時はブレーカーが落ちることがあります。
消費電力が1,000Wに達するからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました