TANNOY Stirling TW ¥172,000・ヤフオク人気・価格相場情報

ヤフオク落札価格情報・TANNOY Stirling TW・中古オーディオの価格当時の仕様音質レビュー・アイコン AVERAGE

専用台なしTANNOY Stirling TWのYahooオークション落札価格情報。1,000円スタートのため現時点での指標価格となる落札例です。

TANNOY Stirling TWのオークション落札結果・人気・商品の状態

人気      :★★☆

コンディション :

落札価格(JPY):172,000

Yahooオークションのオーディオ出品情報(価格・入札履歴)

【兵庫県(西宮市)来店引取限定品】TANNOY デュ... - ヤフオク!
※送料のお支払について、大切なお知らせが有りますので、最後までご確認いただきますよう、何卒、よろしくお願いいたします。※送料の支払について※当ストアの発送商品には全て送料がかかります。送料の支払いにつきましては、決済方法により異なりますので...
『Yahooオークションの掲載期限は2年間』への対応

Yahooオークション履歴の掲載期限は落札から2年間
システム障害により価格履歴が抹消される案件もあります。

Yahoo auctionが掲載するURLの閲覧終了にそなえ、以下を実施しております。

  • 案件詳細は本記事内に記録(コンディション・人気・価格・落札履歴・レビュー)
  • その他の落札事例を日々追加・更新(左記リンクより落札事例を検索可)

TANNOY Stirling TW・中古人気と、入札・落札履歴

出品URL(Yahoo オークション)兵庫県(西宮市)来店引取限定品TANNOY デュアルコンセントリックスピーカーシステム Stirling TW ペア タンノイ 68EDB-1

落札価格:¥172,000(JPY)

  • 開始価格:1,000 円(税込 – 円)

人気・入札ならびに落札履歴は以下となります。

ウォッチ件数:93人

  • 入札件数:75件
  • 引き取り限定(出品者による配送手配不可)
  • オークションID:n1078151330
  • 出品地域:兵庫県
  • 入札履歴(Yahooオークションのシステム上の問題から入札履歴の詳細は非公開)

落札日時:2023.01.17(火)22:45

  • 出品日時:2023.01.10(火)18:45

出品者情報(ID・名前・評価)

  • 出品者
    1. 出品者ID:toomookaanaa
    2. 出品社名:リサマイ市場・本館(株式会社リサイクルマイスター)
    3. URL:https://recyclemeister.co.jp/
    4. 評価(良い): 99.2%(取引 143,117件中・ 2023年 8月時点)

出品物コンディション・入札のチェックポイント(不具合など商品の状態)

以下よりコンディション判定『★★☆(Average)』となります。
スピーカーユニットに傷はなく、ただしキャビネットに若干の傷あり・ワックス塗りすぎの標準的な個体です。

画像・出品説明より確認できるオークションサイト情報・買取、入札時の注意点

※画像クリックで拡大表示可能

 TANNOY Stirling TW・おすすめ中古オーディオの情報・商品の状態ランク・傷汚れ・コンディションランク・買取・落札時の確認・注意点
  • シリアルNo:不明

Good(オーディオ中古としてのメリット)

  • 動作確認ずみ
  • スピーカーユニットに傷なし

Bad(デメリット・動作不良・傷・経年劣化などの不具合)

  • キャビネットに傷
  • ワックスの塗りすぎ跡あり
 TANNOY Stirling TW・おすすめ中古オーディオの情報・商品の状態ランク・傷汚れ・コンディションランク・買取・落札時の確認・注意点
  • シリアルNo:不明

Good(オーディオ中古としてのメリット)

  • 動作確認ずみ
  • スピーカーユニットに傷なし

Bad(デメリット・動作不良・傷・経年劣化などの不具合)

  • ワックスの塗りすぎ跡あり

出品者に追加質問したい確認ポイント

  • ウーファーエッジの状態:傷・裂け目はないか
  • サイドスリット(バスレフポート)の開閉は動作するか
  • タバコ臭の有無、または禁煙環境にあったかどうか。
  • スピーカーターミナルは確実に締まるか(ゆるみ・ぐらつきはないか)

TANNOY Stirling TW・中古の要注目ポイント(傷 汚れ 不具合 故障)

Stirlingは「TW」においてウーファーエッジをタノプラスからニトリルゴムに変更しています。そのため「タノプラス」エッジにまつわる耐久性の問題からはかなり解放されています。

  • 基本動作の確認
  • 保護ネット用の鍵はあるか
  • 振動板の傷・汚れ
  • ウーファーエッジに割れや裂け目はないか(ゴムエッジ)
  • アッテネーターのガリ
  • バスレフポートのスリットは開閉できるか
  • キャビネットの傷・汚れ

TANNOY Stirling TW・中古相場と価格動向(ショップとオークションサイト価格履歴の比較・検索)

  • 動作良好・外観美品・スタンド付きで¥230,000(JPY)前後
  • 動作良好・外観美品・スタンドなしで¥200,000(JPY)
  • 中古動作品の下限は¥160,000(JPY)、これより価格の低い中古は音質上何らかの不具合をかかえている

過去の中古価格とオークション落札相場(ヤフオク落札履歴)

上記は過去の取引情報、今の入札時に参考とされます。

  • 個体の製造年次
  • 中古としてのコンディション・状態
  • 販売・落札価格

この3点を比較しつつ相場・価格チェックにご活用ください。

TANNOY Stirling TWの定価と仕様・スペック(新品時)

  • メーカー:TANNOY(タンノイ)
  • モデル名・型番:Stirling/HW
  • 発売年次:1992年
  • 定価:¥220,000(/台・JPY)
  • 主要スペック
    1. 大きさ:幅486x高さ700x奥行310mm
    2. 重さ:22Kg(/本)
    3. インピーダンス:8Ω
    4. 能率:93dB/W/m(Ω)
    5. ウーファー口径:250mm
    6. ツィーターダイヤフラム径:51mm(クロスオーバー周波数:1.3Khz)
    7. 専用スピーカースタンド(STD-1)あり
      • ¥59,000(JPY)
  • スペック上の注目ポイント
    1. TANNOY Stirlingシリーズの3代目
    2. 同軸2ウェイ構造(Dual concentric)を採用 ※フェライトマグネット仕様
    3. 「TW」(Techno Wave)ホーンを採用:デジタル解析を中心とした設計手法による過渡特性に優れたホーン形状。
    4. ウーファーとツィーターの磁気回路を独立させ能率が向上(90→93dB)
    5. バイワイヤリング対応
    6. ウーファー振動板は西独クルトミューラー製
    7. ウーファーエッジはニトリルゴムに変更(タノプラスよりも高耐久)
    8. 内部配線はVan den Hul社製ケーブルを使用
    9. バスレフポートはValuable Distributed port systemを採用し、ルームアコースティックにより調整可能(3段階:Open/Middle/Closed)
    10. キャビネットはウォールナット仕上げ(ベースはパーチクルボード)
  • 詳細情報リンク
TANNOY Stirling/TW(スターリングTW)の仕様 タンノイ
TANNOY Stirling TW - ジュピターオーディオ
TANNOY Stirling TW

TANNOY Stirling TW 発売時の音質レビュー・雑誌メディア、評論家の評価と人気ランキング

はじめて低域と高域の磁気回路が独立して搭載されたモデル。人気モデルの大幅変更であっただけに注目を集めています。

  • 中高域の明瞭度が大幅に向上している、そのぶん駆動するアンプを選ぶようになった
  • タンノイ独自といえる高音域の瑞々しさは健在、クラシック(Classical music)を質感高く鳴らす
  • アンプには駆動力よりも質感を重視したものを選びたい。過去のスターリングと異なり、特性だけが取り柄のアンプでは彫りの深さが失われる

Stirling TWで試みられた現代的なアプローチは「TTW」で高度の達成をみております。つまり「TW」は過渡期ともいうことができる。

評論家のレビューもそれを思わせるものが多い。

ご参考・『★☆(星)』ランキングの基準について

★(星)のランク付基準については以下の数値を元に設定しております

「ウォッチリスト」データを参考に・ヤフオクの落札金額は人気で決まる

Yahooオークションの出品状態についての表示説明・ウォッチリストを基準としたコンディションの星ランキングについて

ウォッチリストの登録人数を基準に設定。

  • ウオッチリスト登録が50人未満:★☆☆(人気がない)
  • ウオッチリスト登録が50人以上100人未満:★★☆(普通)
  • ウオッチリスト登録が100人以上:★★★(人気が高い)

画像判定を厳しく・オークション出品の評価点は「自己評価」

  • 傷多数・ジャンク・個人による修理メンテナンス:★☆☆
  • 傷少ない・動作に問題ない・使用感はある:★★☆
  • 新品同様・未開封デッドストック・業者による高額のメンテナンス:★★★

Yahooオークションの『商品の状態について』は厳密な規定がないため、ヤフオクの状態説明よりやや厳しめです。

TANNOY Stirling TW・中古オーディオを買うメリットとデメリット

「TW」世代になると継時劣化もあまり気にしなくとも良い年代となり、デメリットらしいものがみつかりづらくなります、音質も定評あるもの。

問題としては、これはStirlingによらずTANNOYの中古全般にいえることですが、キャビネット外観が荒れているものが多いこと。オークションでは顕著です。

原因は「手入れのしすぎ」、ワックスを塗りすぎるのです。

TANNOY専用ワックスは「メンテナンスを失敗しやすい」・塗らないほうが無難

TANNOYには専用ワックスが付属します、実は極めて塗りづらくユーザーが塗布に失敗することが多い。

塗りむらが広がり、美観を損ねます。

「やったことがないから失敗を恐れて手入れをしたことがない」というオーナーの個体のほうが、結果として良好な状態を保っている場合が多いのです。

スピーカー自作でウッドワックスを塗った経験のある方ならば、その難易度が理解できると思います。TANNOYが施したキャビネット仕上げが入念であることもある意味問題で、素人が簡単にワックスを塗れないほど高度。無理に塗ると簡単にむらができる。

  • 専用ワックスを塗られず、当て傷のないもの
  • (これは論外ですが)ポリメイト・アーマオール等の家具艶出し剤をつかわれていないもの

この2点に配慮したい、そのためStirlingをはじめとする中古TANNOYは現物をみるか、豊富な画像情報が求められます。

TANNOYに関して中古ショップ流通が多い理由のひとつです。

TANNOY Monitor Gold LSU HF 12/8 「Mallorcan model」(?) ¥206,000・ヤフオク人気・価格相場情報
TANNOY Monitor Gold LSU HF 12/8のYahooオークション落札価格情報。初期「3LZ」と同じぐらいに古い60年代のLSUであり「Mallorcan model」(マヨルカモデル)と言われるものの別バリエーションと思われます。コンディション判定『★★☆(Average)』、年代を考えるとかなり良好な状態です。ネットについてはオリジナルを活かすかたちでプロに修復を依頼するべきと思われます。難点はシリアルNoがわからないこと、スピーカーユニットとキャビネットの年代が合っていることが大前提です。 本件が良品ながら最良といえない理由のひとつが、シリアルNoについての情報皆無であること。奥行きが深いキャビネット、等の特徴からアメリカタンノイにあった「Mallorcan model」(「マローカン」マヨルカモデル)に近似のモデルではないかと推測しました。「Mallorcan model」(「マローカン」マヨルカモデル)については井上卓也(Takuya Inoue)氏が以下のような論評をしています。 いわゆる「東海岸サウンド(日本ではJBLやALTECの音をそう呼んだ時期がある)」に近い 英国タンノイに比べやや引き締まった質感 全体的に英国の音とは言い難いもの
TANNOY CORNETTA Monitor Gold LSU/HF/3LZG/8U ¥157,000・ヤフオク人気・価格相場情報
TANNOY CORNETTA Monitor GoldのYahooオークション落札価格情報。『日本製タンノイ』にして本家が認めた逸話をもつ音質です。 今後オークションで注目されるTannoyと思われます。 Autographを模したものですが、単なるフェイクでなく入念な設計・試作を繰り返して製品化(キット化)され本邦における上質なTANNOYサウンドとして認知されています。 Autographとの相違点は①使用ユニット(10inch)②バスレフキャビネット(Autographはバックロードホーン)③小型化 結果としてバランスの良い、3LZよりスケールの大きい見事な音質を実現しました。 企画は驚くべきことに一読者の要請によるもの。それに応え評論家にして三菱電機の顧問的立場にあった評論家の井上卓也氏が設計し、郡山製作所での試作を経てキット化されました。 音質は極めて上質なもので、極めて珍しいことですがのちにTEACはこの設計をTannoyの正式承認を得て量産化しました(Tannoy社の引退した職人に依頼)。 SNSのない時代に、読者、編集者、評論家、協力したDIATONE郡山製作所、かかわった誰もががこの企画に熱中し最大限の協力をしたことで「新しいTANNOY」が出来上がった。 その音は本家が評価するにふさわしいもの。 オーディオとしての中古は少ないのですが、オークションサイトの相場は形成されており、一定の人気と入札があります。 正式な承認をふくめイミテーションではない完全なTANNOYを実現しています。 国産の名機とはこういうものかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました