YAMAHA NS-1 classics ¥34,500・ヤフオク人気・価格相場情報

ヤフオク落札価格情報・YAMAHA NS-1 classics・中古オーディオの価格当時の仕様音質レビュー・アイコン POOR

YAMAHA NS-1 classicsのヤフオク落札価格情報。一見美品ですが改造に近い補修がされています。

気持ちは揺れますが避けるべき個体です。どんな「補修」「チューンナップ」がされているか全くわからない。

YAMAHA NS-1 classicsのオークション落札結果・人気・商品の状態

人気      :★★

コンディション :★☆☆

落札価格(JPY):34,500

Yahooオークションのオーディオ出品情報(価格・入札履歴)

・アルニコ搭載SPシステム YAMAHA NS-1 classics... - ヤフオク!
YAMAHA NS-1 classics 広く音楽を堪能できる再現能力をテーマに 開発されたクラシックスシリーズ サイズ:(約)幅205×高さ380×奥行285mm ・重量9.5kg(1台) ヤマハ クラシックスシリーズ YAMAHA NS...
『Yahooオークションの掲載期限は2年間』への対応

Yahooオークション履歴の掲載期限は落札から2年間。システム障害により価格履歴が抹消される案件もあります。

掲載URLの閲覧終了にそなえ、以下を実施しております。

  • 案件詳細は本記事内に記録(コンディション・人気・価格・落札履歴)
  • その他の落札事例を日々追加・更新(左記リンクより落札事例を検索可)

YAMAHA NS-1 classics・中古の人気と、入札・落札履歴

出品URL(Yahoo オークション)アルニコ搭載SPシステム YAMAHA NS-1 classics(ヤマハ クラシックスシリーズ)美品/綺麗な動作品

落札価格:¥34,500(JPY)

  • 開始価格:10,001円(税込 – 円)

人気・入札ならびに落札履歴は以下となります。

ウォッチ件数:108人

  • 入札件数:34件
  • オークションID:t1090582268
  • 出品地域:東京都
  • 入札履歴(以下リンク参照・ダウンロード可能)

落札日時:2023.05.07(日)23:10

  • 出品日時:2023.05.02(火)20:02

出品者情報(ID・名前・評価)

出品物コンディション・入札のチェックポイント(不具合など商品の状態)

以下よりコンディション判定『★☆☆(Poor)』となります。

これはメンテナンスではなく、見栄えをよくしただけの作業。ウーファーフレームの塗装は余計なだけでなく後日の劣化を招く恐れがあります。

出品物コンディションの詳細画像(出品物・傷・汚れ・不具合・故障)

※画像クリックにより拡大表示

YAMAHA NS-1 classics・おすすめ中古オーディオの情報・商品の状態ランク・傷汚れ・コンディションランク・買取・落札時の確認・注意点R
  • シリアルNo:102131R

Good(オーディオ中古としてのメリット)

  • 動作確認済み
  • 保護ネットあり(ほつれなし)

Bad(デメリット・動作不良・傷・経年劣化などの不具合)

  • ウーファーユニットのフレームを研磨・塗装(材料試験をしたものではないため、剥がれる可能性がある)
  • キャビネットの全体的に擦り傷
  • 日焼けのため、保護ネットのあった場所とそうでない部分の色合いが違う(白木仕上げのNS-1に顕著な事例)
YAMAHA NS-1 classics・おすすめ中古オーディオの情報・商品の状態ランク・傷汚れ・コンディションランク・買取・落札時の確認・注意点L
  • シリアルNo:102131L

Good(オーディオ中古としてのメリット)

  • 動作確認済み
  • 保護ネットあり(ほつれなし)

Bad(デメリット・動作不良・傷・経年劣化などの不具合)

  • ウーファーユニットのフレームを研磨・塗装(材料試験をしたものではないため、剥がれる可能性がある)
  • キャビネットに傷
  • 日焼けのため、保護ネットのあった場所とそうでない部分の色合いが違う(白木仕上げのNS-1に顕著な事例)

出品者に追加質問したい確認ポイント

  • タバコ臭の有無、または禁煙環境にあったかどうか。
  • スピーカーターミナルは確実に締まるか

YAMAHA NS-1 classics・中古コンディションの要注目ポイント

動作良好の前提で外観の確認につきます。

  • ウーファー・ツィーターユニットに傷やへこみはないか
  • キャビネットの状態
  • アッテネーターにガリはないか

外観の注目度が高いだけに、今回のような「再塗装品」が出現する。

さらに詳しいチェックポイント・要注意の不具合の確認方法はこちら

スピーカーの再塗装がおすすめでない理由・ピアノブラック、鏡面仕上げ、オイルステインの別なく

スピーカーの再塗装品は要注意です。

  • 音質が変わる(悪いほうに)
  • 長期的に劣化の可能性がある(適切な塗料を選定していない)

今回ウーファーフレームになされた塗装はかなり問題で、金属への塗装はメーカーでさえ塗料選定は慎重です。

オーディオにおける材料選定や仕上げに失敗した例としてB&W PM1があります。

中古相場情報と価格動向(ショップとオークションサイト価格履歴の比較・検索)・NS-1 Classicsは下落傾向

相場は下落傾向、良品が少なくなりつつあるからです。

良品前提、スタンドの有無を問わず¥35,000(JPY)前後ですが、状態により¥20,000(JPY)から¥40,000まで幅があります。

もともと傷つきやすい仕上げです。30年以上を経て良品が残っていることはむしろ評価すべき。

オークション/中古オーディオショップの相場情報はこちら(随時更新)

YAMAHA NS-1 classicsの定価と仕様・スペック(新品時)

  • メーカー:YAMAHA(ヤマハ)
  • モデル名・型番:NS-1 classics
  • 発売年次:1987年
  • 定価:¥65,000(/台・JPY)
  • 主要スペック
    1. 大きさ:幅205x高さ381.5x奥行285mm
    2. 重さ:9.5Kg(/本)
    3. インピーダンス:6Ω
    4. 能率:86dB/W/m(Ω)
  • スペック上の注目ポイント
    1. 高性能のスピーカーユニットを高品位のキャビネットに収めチューニングに時間を掛けた、ありそうでない小型密閉型スピーカー
    2. マイカ混合ポリプロピレンウーファー(口径160mm)
      • カテナリー形状の振動板
      • マイカの混合比率はヒアリングテストを繰り返して最適な配合を実現
    3. フェノール樹脂を含浸させたソフトドームツィーター(口径30mm)
      • フェノール樹脂の含浸量はヒアリングテストを経て決定(極力減らす)
    4. マグネットは全てアルニコ磁石
    5. キャビネットは樺材の突板仕上げを鏡面仕上げ
    6. 別売りスピーカースタンドはアフリカンパドック
  • 詳細情報リンク
YAMAHA NS-1classicsの仕様 ヤマハ
YAMAHA NS-1classics 中古・レビュー・評価・音質情報など
生産終了機器情報。「NS-1classics」は、ヤマハ(YAMAHA)が1988年に一台65,000円で発売した2ウェイ・ブックシェルフ型スピーカー。本機の内容や中古購入の展望などを解説。

振動板の材料は「ヒアリング」で決めた・細部まで徹底したNS-1の音質設計

NS-1Classicsは10年近く販売されています。最初から計画されていたわけではなく、そうなるべくしてなった。

良い例が振動板の設計です、ウーファーはポリプロピレンにマイカを混合して内部損失を高めたものですが、その配合比率は「ヒアリングテスト」で決めた。

配合比率の異なるサンプルを複数用意したのです。ツィーターのフェノール樹脂の量も同じく。

つまり無駄とも思える手間を惜しまなかった、趣味です。

YAMAHA NS-1 classics 雑誌メディア、評論家によるレビュー・音質評価と当時の人気ランキング

地味すぎて評論家がレビューに困ったモデル。しかし鍛えられた正統派のおかげで数年間ベストバイにランクインし続けました。

  • 発売後数年を経てもいささかの古さも感じさせない
  • 音楽を品位たかく再生する、国産の小型ブックシェルフスピーカーで同種のスピーカーを求めるならこれしかない。

雑誌・評論家のレビューはこちら(詳細ページへ)

タイトルとURLをコピーしました