"marantz"

Marantz PM-15の中古価格とレビューまとめ

Marantz PM-15の中古情報 2023年のオークション・中古オーディオショップ価格まとめ ➡︎ メーカー別一覧(サイトトップ)にもどる
プリメインアンプ

MARANTZ PM-15F ¥129,546・ヤフオク人気・価格相場情報

非常に人気のあるプリメインアンプMARANTZ PM-15Fのヤフオク落札価格情報。動作状態は良いのですがリモコンを紛失した個体。後からオークションで入手することが難しい付属品です。 MARANTZ PM-15Fのオークション落札結果・人気...
POOR

Marantz PM-11 S2 ¥126,000・ヤフオク人気・価格相場情報

動作不具合のあるMarantz PM-11 S2のヤフオク落札価格情報。「ジャンク品の中古価格は幾らになるのか」を端的に示した価格例です。コンディション判定『★☆☆(Poor)』。傷が多くタバコ臭がある。ボリューム・セレクターノブに傷があることは問題で、内部基板もダメージを受けている可能性もあります。メーカーメンテナンスに出されてはいますが、あまり長期間使いたいと思えない個体です。コストパフォーマンスに優れた「S1」と、プリアンプ部から大幅に手を加えた「S3」の間にあって個性の薄いモデル。 Marantzのプリメインアンプ(Integrated amp)としては異例にレビューの少ない機種となります。
POOR

Marantz PM-11 S2 ¥156,000・ヤフオク人気・価格相場情報

メーカーメンテナンス済みMarantz PM-11 S2のYahooオークション落札価格情報。残念ながらタバコ臭あり、経年劣化にも大きな影響があったと思われます。コンディション判定『★☆☆(Poor)』、メーカーによるメンテナンスが施されておりますが、タバコ臭がするほどの状態であることは内部基板にヤニが付着していると思われます。この状態は通電することで劣化が飛躍的に進むとみられます。その音質はMarantz PM-11シリーズでは最も影が薄かったモデル。「S3」ではプリアンプ部から改変を図っています。つまりコスパという点で最も魅力の薄い「買うべきでない」モデルといえます。また初代が常にお買い得というMarantz・DENONの定石からみると、中途半端の感は否めません。恐らくMarantz PM-11 S2は「常に中古価格の安さで買われる」モデルとなるものと思われます。
AVERAGE

Marantz PM-11 S3 ¥217,000・ヤフオク人気・価格相場情報

傷の多いMarantz PM-11 S3のYahooオークション落札価格情報。このコンディションでは標準的な中古価格例といえます。コンディション判定『★★☆(Average)』、動作完動・元箱付き、但し傷あり。なにより電源ケーブルが純正ではありません。中古相場自体は2013年発売であることから、現在は中古価格が下がりつつある状態です。そのため最高値も下がってきております。特に平均的な状態の中古が値落ちしております。またショップよりもオークションの流通が増えています。音質について雑誌メディアのランキング・レビューは高評価。なおこの世代からアンプ設計者を「マイスター」という言い方でPRの全面に立てるという宣伝手法が顕著になります。中古選びの観点から「S3」を評価するなら、デメリットは「高い」こと、ただし「S1」と比較しての話。メリットは他社比ではお買い得であること、販売数量の多いベストセラーモデルならではの強みです。
AVERAGE

Marantz PM-11 S1 ¥111,400・ヤフオク人気・価格相場情報

標準的な状態と中古価格のMarantz PM-11 S1のヤフオク落札価格情報。新シリーズの初代モデルであり中古プリメインアンプ(Integrated amp)として狙い目です。コンディション判定『★★☆(Average)』、小傷のみで動作完動、ただし電源ケーブルが純正かどうかわかりません。Marantz PM-11 S1によらずこのクラスのアンプは瞬間的に大電流が流れるため配慮が必要です。その音は内部構成そして音質が大きく変化したプリメインアンプであり、競争激しいカテゴリで一頭郡を抜いた存在として雑誌メディア・評論家から高い評価レビューを得ています。なおシリーズの初モデルであることは重要で、Marantz・DENONではこの世代を狙うことがコスパが最もよい選択といえます。
POOR

Marantz PM11S1 ¥112,000・ヤフオク人気・価格相場情報

状態の良くないMarantz PM-11 S1のYahooオークション落札価格情報例。落札価格は割高ですが本来のPM-11 S1はかなりの「狙い目」、Marantz・DENONは初代モデルを選ぶべき理由について。コンディション判定『★☆☆(Poor)』動作に不具合があるほか、外装に傷ありかつ電源ケーブルが純正ではありません。その音質は「Marantz PM-14SA Ver.2」から音調を大きく変えたと言われたプリメインアンプ(Integrated amp)。雑誌メディアそして評論家からは、向上した解像度について多くレビューされています。なおコスパにに優れMarantzのプリメインアンプ、最善の選び方とは。DENONにも共通することですが「シリーズ初代モデルを選ぶこと」です。PM11でいえばS1がもっともお買い得となります。
AVERAGE

Marantz PM-14SA Ver.2 ¥113,331・ヤフオク人気・価格相場情報

Marantz PM-14SA Ver.2のヤフオク落札価格情報。電源ケーブルの状態がわからない、というDENON・Marantzによくある中古です。コンディション判定『★★☆(Average)』、一通りのアクセサリーもあり動作も正常ですが、良品にありがちな「画像情報が少ない」という欠点があります。雑誌メディアにおけるランキングの上位常連にして、市場での販売も首位という絵に書いたようなベストバイモデル。評論家諸氏からのレビューはPM-14SAをベースにしているだけに完成度が極めて高い、音楽分野を選ばない、クラシック・ジャズ共によく鳴らす、万人向けといっていいが、力強さと繊細さを併せ持った音質はレベルが高い、というもの、定番となってしまった感がありました。DENON・Marantzは初代が最もコストパフォーマンスに優れている、という法則があてはまるモデルでもあります。
POOR

Marantz PM-14SA Ver.2 ¥104,661・ヤフオク人気・価格相場情報

標準的なコンディションのMarantz PM-14SA Ver.2のYahooオークション落札価格情報。電源ケーブルがないため中古価格は一段安となります、コンディション判定『★☆☆(Poor)』。なお電源ケーブルを紛失する事例が多いのですが、Marantz PM-14SA Ver.2の電源トランス容量は450VAあり、社外品によっては危険なものもあります。「SA」のような幾つかの例外を除き、Maranz・DENONのプリメインアンプ(Integrated Amp)は初代こそ安くて高性能であり選ぶべきということ。(そのマイナーチェンジモデルでも他社と比べるとコストパフォーマンスの高さは際立っていますが)PM-14SA Ver.2とPM11S1はその関係をよく表したモデル群といえます。
POOR

Marantz PM-14SA ¥90,002・ヤフオク人気・価格相場情報

一見状態が良さそう、しかし本当は状態が良くないMarantz PM-14SA・ヤフオク人気・価格相場情報のヤフオク落札価格情報。コンディション判定『★☆☆(Poor)』、一見動作完動であり傷がない、しかし詳しく確認すると天板が波うち、電源ケーブルも純正ではありません。なおその電源ケーブルは画像から確認する限りやや細く、そのまま使い続けるには危険である可能性もあります(PM-14SAの電源トランス容量は450VA)。「SA」という型番のとおりSACD(Super CD)対応を目指したアンプ。実力モデルのPM-14を更にアップグレードしたと実感させる広帯域 SACD仕様を実感させる反応の速さと駆動力の高さ 音場(Stereophonic)の広さはクロストークの改善を実感させるこの時期は「SACD対応プリメインアンプ(Integrated amp)」が大量に販売された時期。 評論家諸氏は特別にSACD対応なる技術仕様というものは、実はない、ということを理解した上で、あくまで特性に優れたアンプとして評価していました。