Accuphase E-305 ¥154,878・ヤフオク人気・価格相場情報

ヤフオク落札価格情報・Accuphase E-305V・中古オーディオの価格当時の仕様音質レビュー・アイコン POOR

あまり状態の良くないAccuphase E-305のヤフオク落札価格情報。しかし相場は安定しています。同社の信用の高さを感じさせる落札例です。

Accuphase E-305のオークション落札結果・人気・商品の状態

人気      :★★☆

コンディション :★☆☆

落札価格(JPY):154,878

Yahooオークションのオーディオ出品情報(価格・入札履歴)

Accuphase アキュフェーズ E-305 アンプ 取扱説... - ヤフオク!
返品保証制度商品受け取りから14日以内にご連絡ください※出品画面に記載のない動作不良や著しい状態相違があった場合にのみご対応させていただきます。                          商品詳細◆商品◆メーカー---------A...
『Yahooオークションの掲載期限は2年間』への対応

Yahooオークション履歴の掲載期限は落札から2年間。システム障害により価格履歴が抹消される案件もあります。

掲載URLの閲覧終了にそなえ、以下を実施しております。

  • 案件詳細は本記事内に記録(コンディション・人気・価格・落札履歴)
  • その他の落札事例を日々追加・更新(左記リンクより落札事例を検索可)

Accuphase E-305・中古の人気と、入札・落札履歴

出品URL(Yahoo オークション)Accuphase アキュフェーズ E-305 アンプ 取扱説明書有り 中古現状品 230208M3123

落札価格:¥154,878(JPY)

  • 開始価格:1,000円(税込 – 円)

人気・入札ならびに落札履歴は以下となります。

ウォッチ件数:71人

  • 入札件数:61件
  • オークションID:n1081829885
  • 出品地域:静岡県 静岡市
  • 入札履歴(Yahooオークションのシステム上の問題から入札履歴の詳細は非公開)

落札日時:2023.02.16(木)23:11

  • 出品日時:2023.02.14(火)13:48

出品者情報(ID・名前・評価)

出品物コンディション・入札のチェックポイント(不具合など商品の状態)

以下よりコンディション判定『★☆☆(Poor)』となります。

出品物コンディションの詳細画像(出品物・傷・汚れ・不具合・故障)

※画像クリックにより拡大表示

Accuphase E-305
・おすすめ中古オーディオの情報・商品の状態ランク・傷汚れ・コンディションランク・買取・落札時の確認・注意点
  • シリアルNo:18W245

Good(オーディオ中古としてのメリット)

Bad(デメリット・動作不良・傷・経年劣化などの不具合)

出品者に追加質問したい確認ポイント

  • タバコ臭の有無、または禁煙環境にあったかどうか。
  • スピーカーターミナルは確実に締まるか
  • 背面入力端子のグラつき(ケーブルの大型化・極太化にともない破損の事例が多発している)

Accuphase E-305・中古コンディションの要注目ポイント

最近の中古アキュフェーズの傾向からいえることは3点

  • 動作の確認
  • 外観の程度(傷のほか、早期にパーツ欠品するスイッチやノブが外れていないか)
  • シリアルNoの確認(隠す出品者が増えた)

さらに詳しいチェックポイント・要注意の不具合の確認方法はこちら

Accuphase E-305・中古相場情報(ショップとオークションサイト価格履歴の比較・検索)

中古相場は上昇しております。
良品で¥180,000(JPY)前後。

本来であればここまで上昇することは異常ですが、アキュフェーズメンテナンスへの信頼性といえます。

ラックスマンが相対的に割安である理由ともいえます。

オークション/中古オーディオショップの相場情報はこちら(随時更新)

Accuphase E-305の定価と仕様・スペック(新品時)

  • メーカー:Accuphase(アキュフェーズ)
  • モデル名・型番:E-305
  • 発売年次:1987年
  • 定価:¥270,000(/台・JPY)
  • 主要スペック
    1. 大きさ:幅475x高さ170(脚含む)x奥行375mm
    2. 重さ:20.5Kg(/本)
    3. 出力:4Ω負荷:180W/ch・8Ω負荷:130W/ch
    4. 消費電力:310W
    5. 対応インピーダンス:2~16Ω
  • スペック上の注目ポイント
    1. イコライザーアンプ、ハイゲイン・プリアンプ、パワーアンプの3アンプ構成を取る完全なインテグレーテッドアンプ構成
    2. 6個のトランジスタによる3パラレルプッシュプルで、Pc(コレクター損失)は1素子当たり130W、合計780Wという強力な出力段により2Ω負荷に対応
    3. 出力段をドライブする前段はMOS-FET
    4. サイドウッドは自然木のパーシモン突板仕上げ
  • 詳細情報リンク
Accuphase E-305の仕様 アキュフェーズ
https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwj3kIagzZqAAxWZNd4KHWZJBs0QFnoECBIQAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.accuphase.co.jp%2Fmanual_pdf%2Fe-305_manual_j.pdf&usg=AOvVaw2o7OWgqvlxkUkKaPDoi0Of&opi=89978449

Accuphase E-305 雑誌メディア、評論家によるレビュー・音質評価と当時の人気ランキング

発売当時、評論家諸氏からはプリメインアンプの標準と目されたモデル。

  • 柔らかさと軽快さを基調として広帯域の音調
  • 基本は控えめな明るさだが高域に硬さを感じる輝かしさがあり、アクセントとなっている
  • 端正、この音にもう少し熱気が欲しい(のちのE-305Vで実現)

比較対象として挙げられたのが「SANSUI AU-α907i MOS Limited」「Marantz PM-94Limited」「ラックスマン L-560」。

レビューにおいてもひけをとることのない実力モデルとされています。

雑誌・評論家のレビューはこちら(詳細ページへ)

タイトルとURLをコピーしました